PROFIBUS(PA912)…’¢…‸…’¥…’¼…’«...

download PROFIBUS(PA912)…’¢…‸…’¥…’¼…’« ‡ˆâ€“ˆâ€°±¨¾¬ˆ©ˆâ€¸ ... …’¦…’‹…’•…‌…․…’‰…″…’³…’†…’­…’¼…’©nv… ’¾…’¼…‛

If you can't read please download the document

  • date post

    29-May-2020
  • Category

    Documents

  • view

    0
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of PROFIBUS(PA912)…’¢…‸…’¥…’¼…’«...

  • 6E8C5307

    取扱説明書 PROFIBUS(PA912)モジュール

    ユ ニ フ ァ イ ド コ ン ト ロ ー ラnv

    シ リ ー ズ   P R O FIB U S (P A 9 1 2 )モ ジ ュ ー ル 取 扱 説 明 書

    〒105-8001 東京都港区芝浦1-1-1(東芝ビルディング) 5307.3.1107

    ユニファイドコントローラ

    nvシリーズ

  • ユニファイドコントローラnvシリーズ PROFIBUS(PA912)モジュール 取扱説明書

    ご注意 ⑴本書に掲載してある技術情報は、製品の代表的動作・応用を説明するためのもので、その使用に際しての当社および第三者 の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うものではありません。

    ⑵本書の内容の一部または全部を無断で転載することは禁止されています。 ⑶本書の内容については、お断りなく変更することがあります。 ⑷本書の内容については万全を期しておりますが、万一不可解な点や、誤り、お気づきの点がございましたら、ご一報くだ さいますようお願いいたします。

    PROSEC 、TOSLINE、TOSDIC、CIEMACは、株式会社 東芝の登録商標または商標です。 Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国および他の国における登録商標です。 DeviceNetは、Open DeviceNet Vender Association Inc.の登録商標です

    2011年 7月 第3版発行

    発 行 株式会社 東 芝 社会インフラシステム社     ソリューション・自動化機器事業部

    〒105-8001 東京都港区芝浦1-1-1(東芝ビルディング) ⒸToshiba Corporation All Right Reserved. 2008-2011 無断複製および転載を禁ず(TDOC)

  • ユニファイドコントローラ nv シリーズ PROFIBUS(PA912)モジュール取扱説明書 i

    製品および取扱説明書には、お使いになる方や他の人への危害と財産の損失を未然に防ぎ、製品を安全に

    正しくお使いいただくために、重要な内容を記載しております。

    次の内容(表示・図記号)を良く理解してから本文をお読みになり、記載事項をお守りください。

    表示の説明

    表 示 表示の意味

    “回避しないと、死亡または重傷*1 を招く差し迫った危険な状況になること”を示しま

    す。

    “回避しないと、死亡または重傷*1 を招く恐れがある危険な状況になること”を示しま

    す。

    “回避しないと、軽傷または中程度の傷害*2 を招く恐れがある危険な状況および物的

    損害*3 のみの発生を招く恐れがあること”を示します。

    *1: 重傷とは、失明、けが、やけど(高温・低温)、感電、骨折、中毒などで後遺症が残るもの、および治療に 入院や長期の通院を要するものを指す。

    *2: 傷害とは、治療に入院や長期の通院を要さない、けが、やけど、感電などを指す。 *3: 物的損害とは、財産・資材の破損にかかわる拡大損害を指す。

    図記号の説明

    図記号 図記号の意味

    禁止(してはいけないこと)を示します。

    具体的な禁止内容は、 の中や近くに絵や文章で示します。

    指示

    指示(必ずすること)を示します。

    具体的な指示内容は、 の中や近くに絵や文章で示します。

    警告

    警告を示します。

    具体的な警告内容は、 の中や近くに絵や文章で示します。

    (注)本体表示に合わせて、禁止、指示、警告の説明内容が変わります。

  • 6E8C5307 ii

    1. 設置時における安全上のご注意

    装置を接地する

    感電・火災の原因になります。

    次の環境で設置・保管・使用をしない

    ・ じんあいの多い場所

    ・ 腐食性ガス(SO2、H2S)、可燃性ガスの 発生する場所

    ・ 許容値を超える振動、衝撃のある場所

    ・ 急激な温度変化により結露するような場 所

    ・ 設置条件から外れる低温または高温

    ・ 設置条件から外れる高湿度

    ・ 直射日光の当たる場所

    ・ 強い電波や磁界を発生する機器の近く

    事故の原因になります。

    装置は、保守・点検が容易にできる場

    所に設置する

    事故の原因になります。

    通風口、吸排気口はふさがない

    過熱などによって、火災や故障の原因にな

    ります。

    システムの据付け・配線は、本書に記

    載している設置条件、取付方法を守る

    落下、火災、故障、誤動作の原因になりま

    す。

  • ユニファイドコントローラ nv シリーズ PROFIBUS(PA912)モジュール取扱説明書 iii

    2. 保守点検時における安全上の注意

    配線後、モジュールを着脱するときは、

    必ず外部電源が切れていることを確認

    する

    モジュールの外部端子台裏面にも電極が

    現れ、感電の恐れがあります。

    装置やボードを落としたり、つぶした

    り、また、これに強いショックを与えない

    故障の原因となります。

    装置、ボードに触れる前には、接地さ

    れた金属に触れて人体に帯電している

    静電気を放電する

    静電気により、装置の誤動作や故障の原

    因となります。

    装置やモジュール、ボードの汚れは、

    柔らかい布でふく

    汚れがひどい場合は、水でぬらした布を固

    くしぼってふいてください。

    汚れたままにしておくと、誤った判断や誤操

    作の原因になります。

    ユニットやベースユニットから取り外し

    たボードやモジュールは、接地された

    机の上に導電性マットまたは導電袋

    (予備ボードなどの入った袋)を敷き、そ の上に置く

    静電気などにより部品を壊す恐れがありま

    す。

    装置やモジュール、ボードの汚れを落

    とす場合、ベンジンやシンナーなどは

    使用しない

    装置のパネルやモジュール、ボードの変形

    や変色の原因となります。

  • 6E8C5307 iv

    3. 寿命部品交換時における安全上の注意

    装置に電源ヒューズや警報ヒューズが

    ある場合、これを交換するときには、必

    ず事前にその装置のスイッチを OFFに する

    感電や火災の原因となります。

    4. 日常使用時における安全上の注意

    通電中はモジュール、ユニットの端子

    には触れない

    感電の原因になります。

    装置やモジュール、ボードの改造・修

    理・分解・調整はしない

    感電・火災・けが・故障の原因になります。

    動作不良・故障時は、支社店またはサービ

    ス代理店に連絡してください。

    電源容量、周波数、電圧および変動率

    が、装置の仕様に適合するか確認して

    から使用する

    適合しない場合は、装置本来の性能が得ら

    れないだけでなく、装置を破損したり、過熱

    により、火災などの原因になります。

    装置の周囲温度や内部温度が異常に

    上昇したり、装置に故障が生じた場合

    には、使用をやめて装置の電源を切

    り、最寄の当社サービス担当窓口に連

    絡する

    そのままの状態で使用すると、過熱により

    火災などの原因となります。

    通電中はモジュール、ユニットの端子

    には、触れない

    感電の原因になります。

    この電源モジュールは、nv シリーズ専用の 電源です。単独で他の用途には使用しない

    でください。

  • ユニファイドコントローラ nv シリーズ PROFIBUS(PA912)モジュール取扱説明書 v

    モジュール内部の IC 部品や端子、コネ クタ、ハンダ面など、操作部(モジュー ル内部の設定スイッチ)以外に手を触 れない

    IC、LSI などが静電破壊し、故障の原因に なります。また、部品リード線の末端での受

    傷、高温部品での火傷の恐れがあります。

    装置やモジュール、ボードの分解や改

    造をしない

    装置の安全性が失われるだけでなく、装置

    の誤動作や故障の原因となります。

    電源コードやケーブルは無理に折り曲

    げたり、引張ったり、ねじったりしない

    断線や発熱の原因となります。

    装置本体などのすきまから金属類を差

    し込んだりしない

    火災などの原因となります。

    5. 輸送・保管・廃棄